南区大橋駅から徒歩3分の歯医者 吉川歯科医院

092-551-4545 診療時間 9:00-13:00/14:30-18:30
福岡市南区大橋4-13-28

大橋の歯医者 吉川歯科医院 インプラントや矯正もご相談ください。

コラム

  1. コラム
  2. 虫歯や歯並びにも影響が…

虫歯や歯並びにも影響が…

歯医者のお役立ちコラム

先日、お口ぽかんに関するセミナーを受講したのですが、内容がとても興味深く、当院で行なっている治療とも関係性がありましたので、一部抜粋して掲載致します。

お口ぽかんとは?


お子様のお口がぽかんと開いていると気になられたことはないでしょうか?
お口ぽかん(口唇閉鎖不全)とは、日常的に口が開いていることを言います。
最新の研究では、日本人の子供の約30%以上がお口ぽかんを示し、その有病率は年齢と共に増加傾向にあることが分かってきているそうです。
そのため、お口ぽかんは子供の成長期において、自然治癒が難しいと考えられています。

お口ぽかん(口唇閉鎖不全)のリスク


お口ぽかんはアレルギー性鼻炎や口呼吸、いびき、歯並びの悪さなどに関連しており、虫歯や歯肉炎のリスクにも繋がります。
最近であれば、マスクをする機会が増えていますが、マスクによって実は呼吸がしづらくなっており、口呼吸を誘発し、その状態が長期間続いたために、お口ぽかんになる場合もあるそうです。
年齢が上がるにつれ、歯列(歯並び)への歪みが大きく出てしまいますので、いかに幼い頃にお口ぽかんを防げるか、また、治療していくかが大切となってきます。

お口ぽかん(口唇閉鎖不全)への対応


ご家庭で簡単にできることとしては、お口を閉じて食事をする習慣を身につけることです。もちろん、お食事以外でもお口ぽかんが見受けられた場合には、お口を閉じるよう、声掛けをしてあげることが大切です。
治療法としては、歯並びが原因の場合は矯正治療、口まわりの筋肉が弱いことが原因の場合はMFT(口腔筋機能療法)があります。

気になられた方はぜひご相談ください。

[ Facebook | Twitter | Google+ ]

吉川歯科医院
院長 吉川和則

Recent post
銀歯の下に虫歯が!?
自分に合ったホワイトニングの選び方
白い詰め物・被せ物が保険で治療できるのをご存知ですか?
Category
院長コラム
医院からのお知らせ
ホワイトニング
インプラント
被せ物・詰め物について
歯医者のお役立ちコラム
審美歯科・美容
入れ歯・スマイルデンチャー
歯周病
虫歯
歯ぎしり
お客様の声

Backnumber