大橋の歯医者 吉川歯科医院 インプラントや矯正もご相談ください。

治療について

  1. 治療について

小児歯科

大人の場合はすでにある歯を治療しますが、お子様の場合は健全な永久歯を育てることが目的となります。そのため、咬合育成や予防に力を入れています。イベントや交換日記(健康手帳)を通じて、スタッフも一緒に楽しみながら診療を行います。

お子様は大人よりも非常に痛みに敏感です。痛がるお子様に無理やり治療を行うことは、よいことなのか...。歯科医師の中でも意見が分かれるところでしょう。

しかし乳歯の虫歯は、放っておくとその下の永久歯に影響を及ぼします。

当院では緊急時は例外として、お子様の精神的苦痛をできるだけ取り除けるように可能なことから少しずつ治療を行い、痛みや不安に対して最大限の注意をしています。また治療のみではなく、日々の生活でとても重要な歯磨きの方法も、スタッフと共に楽しく身につけることができます。

お子様に恐怖心を起こさせないために、細心の注意を払って治療を行っております。麻酔を極力使用せずに、レーザーを使用しての虫歯治療も行っております。また、ラバーダムを使用し、感染や安全対策も万全です。

お口の周りの筋肉を強くしてバランスをよくし、正しく機能させるためにMFT(口腔筋機能療法)も導入しております。お子様の歯の健康に不安を感じている方は、ぜひ一度ご相談ください。

幼少期の治療の必要性


以前、お子様をお持ちの当院の患者様からこう聞かれました。

「乳歯の虫歯は抜けてしまうので治療する必要はないという話を聞いたのですが、本当に治療する必要はないのですか?」

この質問はよくされるのですが、勘違いをされている方がいるようです。もちろん間違いです。

乳歯は栄養摂取のためだけでなく、顎の発育にも関係があります。そして、永久歯が生えてくるのを誘導します。もし乳歯が早く抜けてしまった場合には、永久歯が生えるスペースを確保するために、保隙装置によって維持します。

また、乳歯の虫歯を治療せずに放っておくと虫歯が進行してしまい、歯の根の先にバイ菌が感染してしまいます。歯の根の先のバイ菌が、その下にある永久歯に影響を及ぼしてしまいます。

子どもの虫歯治療


お子様の虫歯予防の原点は、母親にあるといってもよいでしょう。

生後10~31か月の間に、虫歯菌であるミュータンス菌が母から小児へと感染していきます。そのときの条件は、母親の口腔内にミュータンス菌が大量にいる場合、また小児がショ糖(砂糖)をたくさん摂取している場合に、効率よく感染してしまいます。

問題は、一旦強く感染してしまうと、ブラッシングくらいではミュータンス菌を減らすことはできず「一生ミュータンス菌を大量に抱えて過ごしていかなければならない」というリスクを負ってしまうことです。

反対に、上記の期間を無事に過ごすことができれば、サングイス菌(虫歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくい口腔となっていきます。

学校などの公的な健診と歯科医院の健診


5月頃になって学校・幼稚園・保育園健診が始まると、公的健診では虫歯があると言われていたのに、歯科医院では治療は必要ないと言われたり、健診結果の違いに戸惑われることがあるかもしれません。

公的健診の目的は、大きな虫歯や問題の「早期発見」です。

学校や園では、十分なライトの下での検査やレントゲン検査もできないため、正確な判断や虫歯の早期発見は困難です。一方歯科医院での健診では、磨き残しがあっても風や水で汚れを取りながら確認することができるため、処置歯と虫歯を区別するのも簡単ですし、見落としも防げます。

公的健診より歯科医院での結果の方が、より細かく、正確にわかると言えるでしょう。

明日からできる楽しい虫歯予防


私がやっと気付いたように、あなたにも虫歯予防について、何か気付いてほしいと思っています。虫歯予防は思ったほど難しくないと思っていただけるだけでもオッケーです。それでは、楽しい虫歯予防の方法をお教えします。

1.フッ素


虫歯予防に熱心なあなたはすでに毎食後1日3回、フッ素入り歯磨き剤をお使いになっているでしょう。そうです。フッ素には歯を強くする効果があり、虫歯予防には欠かせないアイテムです。まだお使いになってない方は、ぜひフッ素入りの歯磨き剤に変えてください。特にフッ素のジェルやフッ素うがいは、とても有効な虫歯予防効果が望めます。

2.食事回数


ここでいう食事回数とは、おやつを食べたりジュースを飲んだりの間食も含みます。あなたは知っていますか?食事のたびに歯の表面が溶け出していることを。

これを「脱灰」といいます。その反対に、食後20~40分で唾液の働きで溶け出したカルシウムが歯に戻ってきます。これを「再石灰化」といいます。

お口の中では、食事をするたびに脱灰と再石灰化を繰り返しています。このため、できるだけ間食は控えてください。甘いお菓子を食べる場合は、食後にデザートとして食べてください。また飲み物は、ジュースよりもお茶にしましょう。

3.キシリトール


先の1、2でお話したことを実行するのは、あなたの大切なお子様にとってあまりうれしいことではないかもしれません。歯磨きも面倒なときがありますし、おやつに甘いものも食べたいでしょう。あなたの目を盗んで、虫歯を作らないための大切な約束を破っているかもしれません。

でも、心配することはありません。あなたの大切なお子様を虫歯から守る強い味方をお教えします。

それは、キシリトールです。歯磨きができなくても、キシリトールガムを噛むだけで虫歯になりにくくなります。キシリトールには、虫歯菌を抑制したり、歯を再石灰化したりする力があるからです。ただし、キシリトール100%ガムのみに限っての話です。

その上、キシリトールガムは甘くて美味しく、お子様にも大人気です。今後、大切なお子様の歯を虫歯から守りたいあなたは、お子様へこのようにお話ししてください。

「歯磨きは、たまにはしなくてもいいよ」
「甘いものも、時間を決めて食べようね」
「でも、1つだけお約束してね。食後は必ず、甘くて美味しいキシリトールガムを5分噛んでね」


お子様は喜んであなたの言うことを聞いてくれるでしょう。そして、毎食後キシリトールガムを噛む習慣をつけることによって、お子様に「虫歯になりたくない」という強い気持ちが生まれてきます。そうなれば、自ら進んでフッ素入り歯磨き剤を使ったり、間食も控えるようになったりします。

<キシリトールの正しい使用方法>
キシリトールガムは、できれば100%のものをお選びください。100%以外は効果がありません。毎食後、歯磨きをする前にできれば5分間噛んでください。寝る前に噛めばさらに効果的です。
これを2か月間続けてください。この期間でお口の中の菌の種類が変わります。すなわち、悪玉菌(虫歯菌)が減り、善玉菌が増えます。お口の中がサラサラになるのが実感できるはずです。歯の表面もツルツルになってきます。これなら、歯磨き嫌いのお子様も知らず知らずのうちに虫歯予防ができるようになります。


4.定期健診


当院では3ヶ月に一度、虫歯のない子どもたちが自ら進んで定期健診に来ます。もちろんこれは、小さい虫歯を見つけて削って詰めるための健診ではありません。

ここまでお読みになったあなたならもうおわかりだと思いますが、早期発見・早期治療では虫歯はできません。私も子どもたちも、もう歯の治療はこりごりです。定期健診では以下のことを行います。

●まずはキシリトールガムを噛みながら、3か月間おうちで虫歯予防ができていたか、お話を聞かせてください。
●歯をピカピカに磨きます。
●ご家庭で使っているものよりも濃度の高いフッ素を歯に塗ります。
●必要であれば歯の細かい溝にシーラント(フッ素が入ったもの)を流し込み、溝を埋めます。

このとき、歯を削ることはありません。また、先ほどお話した簡単で負担の少ないご家庭での虫歯予防と、3か月ごとの衛生士による専門的な定期健診での虫歯予防とは両輪の輪をなしています。

定期健診なくしては、確実な虫歯予防は成り立ちません。定期健診がいかに虫歯予防に大きな役目をしているか、ご理解ください。

5.強固なチームワーク


あなたの大切なお子様の歯を虫歯から守り、育てるために、楽しい虫歯予防を実践しています。それに必要不可欠なもの、それは強固なチームワークです。

あなたに話しかける、そしてあなたの質問に答える、受付、アシスタント、衛生士、歯科医師、院長に至るまで、当院のスタッフ一人ひとりが生き生きと輝いているのがおわかりだと思います。

私たちは、同じ医院理念、目標、理想を持ってここに集まっています。私たちは、あなたに
●笑顔と感謝の言葉を贈りたい
●喜びと感動を与えたい
●明るく楽しい気持ちになってもらいたい
と思っております。

そして、これを実践することで、私たちは人間的にも成長し、同時に社会にも貢献することができます。スタッフが1つになることで、虫歯のない子どもたちを心から笑顔で迎え、健康な永久歯になるまで励まし続けることができるのです。

私は、あなたの大切なお子様のお口の中が、虫歯のないきれいな歯並びの永久歯に育ってもらいたいと心から願っております。

そして、聡明なあなたならもうおわかりになったと思います。

そうです。虫歯予防はそんなに難しくありません。それどころか、楽しいことがいっぱいあります。さぁ、私達と一緒に明日から楽しい虫歯予防を始めましょう。

キッズルーム完備


当院では、小さなお子様でも歯医者が楽しみになるようにキッズルームを完備しております。

「いやだ」「痛い」「怖い」と、待っている時間が長ければ長いほど恐怖心は大きくなってしまいます。しかし、キッズルームで楽しい時間を過ごしていただければ、待ち時間も苦にはなりません。

お子様連れの親御様からも「こんな設備があるおかげで、子どもがぐずらなくて助かるわ」と喜んでいただいております。また、ご自身の治療中にお子様を遊ばせることができるので、治療に集中できます。

保護者の皆さんへ


お子様を叱るときに「歯医者さんで注射してもらうよ」といったり、自分が治療を受けたときのことを「すごく痛かった」といってみたり、お子様を怖がらせるようなことをおっしゃる保護者の方がいらっしゃいます。そのような言動は、どうか慎んでください。

そうなるとお子様は、歯医者に対して恐怖心やマイナスイメージしか抱きません。それよりも「治してもらってよかった!」と、歯医者がヒーローに、お子様の味方になるようなお話をたくさんしてあげてください。それだけで、歯医者に対する印象はずいぶん変わります。

治療中について


当院では基本的に、お子様の治療中はユニットへの立ち入りをご遠慮いただいております。保護者の方が近くにいらっしゃるとどうしても甘えてしまい、うまく治療が進まないことがあるからです。

また、お子様の社会性を育むという点でも、1人で治療を受けることは大切なことだと考えます。もちろん、どうしても立ち会いたいという方はおっしゃってください。スムーズに治療が行えるように、ご協力いただければと思います。

治療について